ペットロス症候群とは

どんなにずっと一緒にいたいと願っても、

犬や猫などのペットのほうが先にあの世に旅立つことのほうが多いでしょう。

それは、人間と動物の寿命を考えればやむを得ないことだといえます。

 

 

とはいえ、実際にペットの最期に向き合うのはとても辛い出来事です。

その現実を受け入れることができずに、ペットロスになる人も少なくありません。

 

ペットロスの「ロス」とは、喪失という意味です。

つまり、ペットを失うことがペットロスで、それに伴って飼い主や一緒に過ごした家族が

心身に異常をきたす、その症状や状態の総称が、ペットロス症候群です。

 

ペットロスという言葉は70年代のアメリカで生まれたとされています。

アメリカは動物愛護の先進国で、獣医学の分野でも世界をリードする国です。

そして、カウンセリングについても古くから世界のトップクラスを維持していて、

ペットとの別れによる飼い主の心身の状態変化についても、早くから注目していました。

 

アメリカでは82年にはすでにペットロスについての専門書が発行されていて、

この分野が広がりを見せてからすでに30年以上経過していることになります。

 

日本にペットロスという概念が入ってきたのは、10年ほど前で、

ペットブームに乗る形で、ここ数年の間にやっと浸透しはじめたばかりという状況です。

そいういう意味では、この概念は比較的新しい考え方といえます。

 

また、最近の心理学的検証によると、

ペットロスは、ペットが亡くなった直後からではなく、

「ペットとの別れを意識した時」ら徐々に始まることがわかってきました。

ペットロス症候群とは への1件のコメント

  1. 迷惑です

    すいぶん、訳知り顔で、
    たいそうなブログを作ったものですね。

    あなたは、自分より先に死ぬ子供を見て、
    悲しくならないんですか??

    それを、一種の病気だとでも、
    決めつけたいんですか??

    管理人さん、あなたには、
    【 人間としての感情が無いんですか? 】

    犬の皮をむいて、食べる国もあるそうですよ。

    そこへ行ったら、いいんじゃないですか?

    とても、愛犬を、家族として迎え、
    その生涯を全うするまで、
    愛しぬいた人間には、見えませんから。

    迷惑ですよ。

    愛犬家は、世界中にいますが、
    あなたのような、
    人間として、最悪の人間には、
    何も語ってもらいたくないし、
    あなたに飼われる生きものがいるとしたら、
    それこそ、大迷惑でしょう。

    犬は、どんなに賢くても、
    日本語、喋れませんからね。

    だからといって、
    あなたに、あなたより心ある動物や、
    その飼い主を、侮辱する権利などありませんよ。

    返信

迷惑です にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA